靴・カバンのお手入れ

スニーカーの泥汚れ。プロがケアしたらこの仕上がり!強烈な臭いもすっきり解決!

泥ハネなどでうっかりシミを作ってしまったスニーカー。

お気に入りすぎて履き続けた結果、強烈な臭いを放つようになったスニーカー。

ネットで調べながら一生懸命洗ってみたけど、シミがとれない、においがとれない、

そんなことありますよね。

ここでお知らせしたいのが・・・

『ミスターミニットは、スニーカーケアにも自信があります!』

ミスターミニットの工場には、毎日毎日靴をピカピカにし続けているプロがいます。

ご家庭では入手が難しい専用の溶剤が使えるほか、除菌率が非常に高い、高機能なオゾン乾燥庫もあります。

汚れをなんとかしたいレザーのスニーカー、キレイになる過程一挙公開

ミスターミニットのスニーカー汚れケアでは、レザースニーカーの場合「トリートメントコース(6,000円+税)」をおすすめしています。

え!?ちょっと待って!6,000円!?!?

高すぎでしょ!!新しいの買えちゃうじゃん!!!!!

・・・私、エスパーでしょうか。これを読んだ方の心の声が聞こえてきました。

そうですよね。そう思われますよね。。

しかし!! この6,000円に見合う手間暇をかけて丹念に仕上げているのは間違いありません!

今回はその作業内容をご紹介させていただきたいのです。

特にお手入れに手間暇がかかるレザースニーカーの工程をみていきましょう!

201910_blog_treatment-02.JPG

汚れてますねーーーー。

やりがいありますね!

さて、早速、下準備にかかります。

スニーカーのひもやインソールなどのパーツを取り外します。

201910_blog_treatment-04.jpg

201910_blog_treatment-03.jpg

全て取り外しました。

201910_blog_treatment-05.jpg

インソールを取り外した靴の中はエアーを吹き付けて、余計なゴミなどは取り除いておきます。201910_blog_treatment-06.jpg

靴の裏にはさまった小石や砂も丁寧に取り除いていきます。一粒一粒・・・ていねいに・・・・201910_blog_treatment-07.jpg

先ほどはずしたスニーカーのひもは洗剤をつけてしごいたあと、漂白剤につけおきしておきます。201910_blog_treatment-08.jpg

さて、これで下準備完了です。

靴本体を作業していくわけですが、既にきれいにしたところに汚れ移りしないよう、最も汚れている靴底からケアしていきます。

ここで使う溶剤は市販されていない特別なものなので、汚れ落ちが違います!

201910_blog_treatment-09.jpg

次に、靴の上部分。「アッパー」と呼ばれるところをきれいにしていきます。201910_blog_treatment-10.jpg

この履きジワがある部分に、クラックともいわれる、ひび割れが起こっています。201910_blog_treatment-11.jpg

この部分は、ひび割れを広げないよう、特に慎重に作業します。201910_blog_treatment-12.jpg

続けて、細かな部分も磨いていきます。

201910_blog_treatment-13.jpg

ステッチ部分を磨き、

201910_blog_treatment-14.jpg

サイドのゴム部分も磨いていきます。

靴本体がきれいになったら、次にインソールをケアしていきます。201910_blog_treatment-15.jpg

専用クリーナーでゴシゴシ。

本体を一通りケアできた後、オゾン乾燥庫で約8時間寝かします。201910_blog_treatment-16.jpg

このオゾンの役割は除菌で、高い酸化作用が臭いの元になる原因菌を分解し、なかなか消えない臭いもきれいに消してくれます。

201910_blog_treatment-17.jpg

オゾン乾燥庫から取り出した靴は、水分とともに油分も抜けてしまっているので、革の栄養補給を行って状態を整えツヤを出していきます。

ここで行う行為はいわゆる「靴みがき」なんですが、実は、普通の靴みがきとはわけが違います!

というのも、一度、汚れをきれいに落とし革のコンディションをリセットしているので、靴クリームの浸透性が非常に高く、とても効率のよい保革ができるわけなんです!

クレンジングで汚れをきれいにおとさないと効率的な栄養補給ができない、これは「フェイスケア」で考えると納得ですね。

ではでは、みがいていきましょう。

靴みがきの前に、まずはシューキーパーをいれます。こうすることで形を整えつつ、シワになった部分のケアをしやすくします。

201910_blog_treatment-18.jpg

次に靴クリームを塗っていきます。この時、ブラシで塗ることで、革の細かな凹凸にもしっかり浸透させます。201910_blog_treatment-19.jpg

全体にクリームが塗れたら、コシの強い"豚毛のブラシ"で刷り込んでいきます。
ブラシで摩擦熱を起こしてより革の深部に栄養を届けるわけですが、その際、毛の硬さがちょうどよいのがこの豚毛と言われています。

201910_blog_treatment-20.jpg

仕上げに、靴表面に残っている余分なクリームを乾いた布でふきとっていきます。

表面のベタつきがなくなり、代わりにツヤが出てきます。

201910_blog_treatment-21.jpg

最後に靴紐を通して・・・

201910_blog_treatment-22.jpg

完成です!!

201910_blog_treatment-23.jpg

201910_blog_treatment-24.jpg

どうでしょう!

このトリートメント、汚れを落とすだけのものではありません。

先ほどご紹介した通り、最適な状態で靴クリームがしっかり浸透させているので、革のひび割れを防いだり、既にあるひび割れの進行を遅らせたり、色落ち(今回のスニーカーは白でしたけどネ)を防ぐ効果も期待できるというすぐれもの。

この6,000円のトリートメントコース。ご納得いただけましたでしょうか・・・

ぜひ大切な靴のお手入れの際、選択肢の一つとして考えていただけると幸いです。

201910_blog_treatment-27.jpg

一覧に戻る