伊藤 優

INTERVIEW 伊藤 優 2016年入社 / 神奈川県エリア 店舗スタッフ

頑張ったら頑張っただけ評価してチャンスを与えてくれる

10年勤めた自動車部品会社からの転職

ミスターミニットに入社する前は、自動車部品会社の物流部門に10年間勤務していました。昇格もしたのですが、前職は1人1人の作業が細分化されており、自分のした仕事の成果を直接感じられないことにもどかしさがあったんです。「自分の手で手応えや成果を感じられる仕事がしたい」と強く思うようになり、30歳を前に一念発起して、転職先として考えたのがミスターミニットでした。元々、アメリカのビンテージ靴が好きで、自分で靴磨きなどの手入れもしていましたし、父が理容師だったので手仕事の世界には親近感がありました。仕事を通じて靴を直して履く素晴らしさを伝えたいというのがミスターミニットへの入社を決めた理由ですね。

頑張ったら頑張っただけ評価してくれる風土

2016年1月に入社、百貨店や大型店に勤務したあと、2017年夏に新店の責任者を任せてもらいました。「新店は責任者が成功を左右する」と先輩から聞いていたので、とてもやりがいを感じましたし、私を選んでいただいたことがすごくうれしかったですね。ミスターミニットは「人物」と「やる気」重視で、頑張ったら頑張っただけ評価してチャンスを与えてくれるところがいいなと思っています。実際、私も毎年地区別で表彰される「新人賞」をいただいたんです。また、普段から先輩や上司が店舗までよく足を運んでくれたり、来られないときでも電話で「最近の売り上げいいね!」と連絡をくれたりするので、モチベーションを高く保って仕事に取り組めます。

リーダーと2人3脚で新サービスを伸ばしていく

この仕事をしていて1番うれしいのは、お客様に直接「ありがとう」と言っていただける機会が多いことですね。劣化した靴底をまるごと取り替える修理をしたことがあったのですが、お客様がとても喜んでくださって、私の手を握って何度も「ありがとう」とおっしゃっていました。それほど喜んでいただけたのかと思うと、うれしかったですね。またやりがいという面では、自分の店舗が新サービスの導入店舗に選ばれたことがあります。当時全国でもまだ1店舗しか取り扱いがなく、今後どのように展開させていくかどうかがかかっているので責任重大でした。実際のお客様のご要望と店舗のオペレーションはやっているスタッフにしかわからないので、なにがよいかを考えながら自分なりに研究を重ねて接客の中で気づいたことをサービスリーダーに伝え、2人3脚で新サービスを作っている手応えがありました。自分の意見をサービスリーダーに伝える際、同じ目線で話をしてくれていることがわかるので、私も安心して意見がどんどん言えます。現場の意見をフラットに聞いてもらえる環境があること、個人が会社全体に貢献している感覚が大きいことも、ミスターミニットで働いていてよかったと思うことです。

技術以上に大切なのは、コミュニケーション

私が一緒に働くなら、コミュニケーションを密にとれる人がいいなと思っています。コミュニケーション能力は、接客はもちろんのこと、業務の引継ぎや技術の共有など会社全体が成長していくうえで必要不可欠な能力なので。実際、私も前職で全く違う仕事をしていましたが、そこで学んだコミュニケーションの大切さは今に活きているなと感じることがたくさんあります。未経験での入社には不安もありましたが、手厚い研修のほか、研修後も先輩たちがやさしくフォローアップして教えてくれますので大丈夫です。しっかりと目標を持って頑張れる方のご応募をお待ちしています。

ミスターミニットの研修制度をご紹介!

一人前になるまで

未経験で入社後、どのような研修を経てサービスのエキスパートに成長できるのか。
入社後の動きをステップごとにご紹介します。

研修制度を詳しく見る

【 募集職種 】 店舗スタッフ(ショップスタッフ)/ 本社スタッフ

ENTRYエントリー