靴みがき

革靴の傷!お得に直すならセルフケアよりプロへの依頼がよい理由

革靴についてしまったキズ!

そんな時、きっと真っ先に行うのが『靴 キズ』キーワードでのネット検索。

そしてネット情報を頼りに、お手入れ用品を買い、ご自分でトライされるのではないでしょうか。

そのような方にぜひお伝えしたいのが、キズの修復は簡単ではありません!ということです。

202011_blog_kizu-01.jpg

お手入れ用品を何も持っていない状態から、お手入れ用品を買い集めると少なくとも3,000円以上かかります。

そしてご自分で修復を試みた結果「うまく補修できなかった」のでミスターミニットに再修理をお願いされることも少なくありません。

【失敗例】こんな風になる失敗する可能性があります

修理したところが目立ってしまう

202011_blog_kizu-02.jpg

キズの補修には、「キズ補修剤」というものを使い、キズを埋めていくのですが、一般的な「キズ補修剤」というものは材質が樹脂製のため、「革」とは当然質感が異なります。

そのため、キズ補修剤を使った部分、と、補修していない素の革の部分の堺をいかに滑らかにつなぎ合わせるか、が修復テクニックになってきます。

滑らかにつなぎ合わせるには、キズに盛ってもよい補充剤の量の見極め、盛り方、境目のぼかし方、など、いずれも職人の熟練した技術が必要になります。

キズを削りすぎて修復不可能なところまで革を痛めてしまう

202011_blog_kizu-03.jpg

キズを目立たなくするためにはまず、「キズ」というピンポイントで目立つ部分をぼかすためにキズ部分周辺にやすりがけを行います。

これは「キズ」という「溝」の印象を薄めるためにするのですが、素人がよく失敗してしまうのは、キズが消えるまでやすりがけしてしまうところです。

革というものは表面の内側に毛羽だつ質感をもっています。

その毛羽立ちというのは一度表れてしまうと抑えることはとても難しく、素人が行うキズ補修においては健康な部分と質感を揃えることはまず不可能だと思います。

キズ補修に長けた職人は、キズが多少残っていたとしても、きれいになおせるギリギリまでしかやすりをかけません。
この見極めこそがキズを目立たなくさせるための重要なポイントです。

キズ補修はミスターミニットにおまかせください

このように、数百足の靴みがきを経験したプロであっても、容易ではない、高い技術力が必要なのが「キズの補修」です。

ミスターミニットでは、キズ補修後に「プレミアムみがき(税込1,100円)」を施した「おまかせみがき※」を税込3,300円で行っています。

※修理方法を特定しない、状態に合わせた最善のみがき・補修を「おまかせ」いただくことから「おまかせみがき」と名がついています。


「おまかせみがき」なら
こすれてできたキズはもちろん

202011_blog_kizu-04.jpg

えぐれてはげたようなキズ(革内部の毛羽立ちが出てしまったキズ)

202011_blog_kizu-05.jpg

革がめくれあがったキズもこの通り!

202011_blog_kizu-06.jpg

そして、仕上げにプレミアムみがきをして仕上げます!

202011_blog_kizu-07.jpg

ぜひ、ご利用ください!

202011_blog_kizu-08.jpg

おまかせ磨き 3,300円(税込) 詳しくは → https://www.minit.co.jp/service/shoe_polish/#sec-a04

一覧に戻る