靴の修理

「このパンプスだと足の指が当たる...」を、なんとかしましょう!

「パンプスのこの辺がキツくてつらいんです~!」

パンプス.jpeg

お店で仕事をしていると修理のご依頼・ご相談はもちろんですが、「足のココが痛い」「この靴だとつま先が当たって、つらい」といったお悩みをたくさんお聞きします。

そして多くの方が言われるのが「でも、この靴は好きだから履きたい」と。
特に女性のパンプスなどはデザインや色など思い入れもあるからですよね!

その気持ち、非常によくわかります!

なんとかしましょう!

足の幅が広くて靴が狭いという場合もありますが、
パンプスで足が痛いというお悩みで盲点なのは「靴が足よりも大きいのが原因」の場合です。

パンプスはデザイン的につま先に向けて細くなっています。
靴が足の幅よりも大きいと前部にスペースができてしまい、ヒールの角度(滑り台式)によって
歩くたびに足がつま先方向の狭い所にギュッギュッと前すべりしてしまいます。

もともと、ストッキングはすべる素材。
どうしても靴の中で足が前にすべってしまい、かかとはパカパカなのにつま先が痛いという状態になってしまいます。

靴の中で足がすべると、「この靴だとつま先が痛い」であったり「親指の付け根あたりが狭くて痛い」というお悩みになります。

そういう靴は幅を拡げても解決しない(逆効果です)ので、前すべりしないようにするのが対策の一つ。
靴の前方の余白を詰めることと、ストッキングなどの素材に対して滑らないインソールを入れてあげる事がポイントです。

ミスターミニットでは、ジェルタイプのインソールもそろえています。

ジェルインソール.jpeg

このジェルのタイプであれば厚みの種類も豊富ですし、靴の中に入れた時も目立ちにくいです。
しかも水洗いが可能で、洗うことによって粘着力が回復します。

「靴がキツくなるのは困る」とご心配な方は、0.5mmのシリコーンタイプがオススメ。足が前すべりしないだけでもつま先が靴に当たることは減ることが多いです。


また、「どの厚みがいいのか」「目立たなく隠したい」といった、より相談したい場合は、スタッフが調整させていただく「サイズ調整(1,620円~)」というメニューもありますので、お気軽にご相談ください!

本日ご紹介したメニューは

  1. ジェル ハーフソール Amazonでも販売しています!https://www.amazon.co.jp/dp/B01HII1ZL4/
  2. 極薄シリコーン ハーフソール0.5mm https://www.amazon.co.jp/dp/B07BFVZQGP/
  3. 目立たなくしたい、相談しながら調整をお願いしたい時は・・・お店でのパンプス・サイズ調整サービス https://www.minit.co.jp/service/shoe_repair/fitting/

一覧に戻る