靴の修理

夏のサンダル修理その3:コルクサンダルの底が減りやすい場合は

このたびの西日本を中心とした豪雨災害により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者とそのご家族並びに関係者の皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。

ミスターミニット スタッフ一同


さて、夏のサンダル改善計画その3です。

ビルケンシュトックなどのコルクのサンダルは足にフィットして履きやすく、休日の靴として愛用されている方も多いですよね! 私も長年、愛用しています。

しかし・・・このコルクのサンダルは底のゴムがスポンジで減りやすいのが悩みです。

メーカーさんにオールソールを出すと純正の部材で修理されてくるのですが、日数がかかるんです。(工場に送るため)

夏が近づいてきたので下駄箱から取り出したところ、前底は模様がなくなるほどすり減っており、もう1足のかかとはコルク土台を傷めそうな状態に。。。

でも、数週間は待てない(今週末、履きたい)というわけで当社で修理することにしました。

ミスターミニットでは純正部材ではないのですが、減りにくいラバーソールを当てることができます。減りにくい素材のため若干重さがありますが、私はガンガンあるくので、減りにくいほうが重要です。

かかとの部分修理

1足はかかとが大きく削れてコルク部分まで浸食しそうだったので、かかとの削れたところに部分的にパッチをあてる修理(コーナー修理)をすることにしました。

201807_birken-before-corner.JPG

もともと白いソールなのですが、長く履いている靴だと、真っ白の新品部材だと逆に目立ってしまいます。今回はアイボリーの部材を使いました。斜めの傾斜の部材当ててまっすぐに。

201807_birken-after2-corner.JPG201807_birken-after-corner.JPG


部分修理:メンズ靴で2,600円+税/婦人靴は1,600円+税
修理期間は、即日でも対応可能です。

底全体を減りにくいラバーに

さて底全体が減っていたもう一足は。もともとのスポンジソールをある程度まで削り、そのあと一枚ゴムを当てて高さを同程度に調整してもらいます。

201807_birken-before-sole.JPG

そして回りを削ってきれいにして修理完了!

201807_birken-after-sole.JPG


フルラバー修理 メンズ靴 5,500円+税~ 婦人靴は4,500円+税~ (使用する素材によって金額が変わります)
修理時間は、半日から数日程度です。


メーカー修理よりは早く修理したい、減りにくい部材に変えたいといったご相談もぜひどうぞ。

一覧に戻る