靴の修理

あなたの足にあう中敷き、オーダーメイドインソール「SIDAS」 あっという間に作れます!

オーダーメイド・・・

贅沢で特別感のある響きですね。

実はミスターミニットでは、オーダーメイドのインソール、その名も「SIDAS」を作ることができるのです。

どうしてインソールをオーダーメイドする必要があるの?????

という答えは コチラ(シダスジャパンのWebサイトにリンクします)におまかせして、今日は、その作る過程をご紹介します!

インソールの作製にかかる時間は、わずか15分。

作製時間は15分程度なので、事前の予約もいらず、インソールを合わせたい靴と、その靴をいつも履いている靴下等を準備して直接お店に行けば大丈夫です。

ただし、このオーダーメイドインソールが作れるのはミスターミニットのなかでも限られたお店だけですので、事前にWebやお客様相談室へのお電話で作製可能なお店を探してからいってくださいね。→【お近くのミスターミニットでSIDASを作れるお店はこちら

ということで、始めます!

まずはインソールの種類を決めます。

20191011_blog_sidas-01.jpg

といっても、ミスターミニットで作れるインソールは「スポーツ用」か「一般靴用」の2種類なので、迷うこともありません。(パッケージを並べると多そうにみえちゃってますが・・・)

スポーツ用は「スパイクプラス」という商品で、クッション性とホールド感も高い分、インソールのボリュームも大きいのが特徴です。

一般靴用は「シティプラス(女性向けはシティプラスレディ)」という商品で、ビジネスシューズやパンプスでも使えるよう最低限の厚みになっています。

価格はスポーツ用が税込16,500円、一般靴用が税込14,300円です。

サイズはミスターミニットのスタッフが適当なものを選択し、必要に応じてカットして仕上げるので特に選ぶ必要はありません。

そして・・・

20191011_blog_sidas-02.jpg

これこそがオーダーメイドインソール「SIDAS」の象徴とも言えるマシン。

体重計でも、ルームランナーでもありません!

20191011_blog_sidas-03.jpg

ここを引き出すとヒーターがついていて、まずはここでインソールを温めます。

20191011_blog_sidas-04.jpg

20191011_blog_sidas-05.jpg

ぴかっと光ってから約20秒。これを2回繰り返すと、硬かったインソールが柔らかくなります。

20191011_blog_sidas-06.jpg

その柔らかくなったインソールを、この筐体の上にのせ・・・(しまった!その写真を撮り忘れてしまった!!)

ということで・・・

20191011_blog_sidas-07.jpg

(インソールはこの人の足の下にあります)

インソールをはさみこみ、体重をかけ、インソールを足形にあわせて成形していきます。

この時の姿勢は、視線はまっすぐ、少しかかとらへんに体重をかけるのがポイントのようです。

そして約1分体重をかけたら、マシンを降ります。

これで成形は完了なので、あとはインソールが冷えて固まるのを待てばOKです!

20191011_blog_sidas-08.jpg

最後に、合わせたい靴に入れ、カッティングが必要であればカットして完了です!

20191011_blog_sidas-09.jpg

さまざまな効能が期待できるオーダーメイドインソール、ぜひミスターミニットで作ってみてくださいね!

そして、インソールを使用するうちに靴のきつさなどが気になった場合は、調整可能な靴であれば幅出し等行うのでお気軽にお持ちくださいね!

一覧に戻る