歴史

歴史

ベルギーのバーからスタート

1957年、ブリュッセルにあるオー・ボン・マルシェ・デパートの一角に真新しいヒール修理バーが開店しました。 買い物の途中でヒールが壊れ途方にくれている女性たちの笑顔を取り戻したいとサービスを開始したこのショップは、瞬く間にヨーロッパじゅうの女性の心をつかみ急成長を遂げました。

あれから半世紀。靴修理と合カギ作製サービスを中核としたミスターミニットは、世界各国に店舗を展開し、世界中の人たちの日常生活になくてはならない存在にまで成長しました。

「カスタマー・ファースト」

ミスターミニットは1972年の日本進出から今日まで、創業時のヒール修理バーの時代から受け継がれてきた「お客さまの抱えている問題を、お客さまの立場に立って理解し、解決すること=カスタマー・ファースト」を理念としています。

私たちはこれからも、靴修理サービスと合カギ作製サービスを軸に、大切な物を永くお使いいただくための新たなサービスを提供し(※)、アジア・パシフィック地域ナンバーワンの「生活サービス提供企業」を目指します。

提供サービスは地域によって異なります。

ミスターミニットの歴史年表

1957

ベルギー・ブリュッセルのオー・ボン・マルシェ・デパート内に「タロン・ミニット」の名称で世界初の「婦人靴のヒール修理サービス店」を開店

1960 合カギサービスとナイフの刃砥ぎサービスを同店にて開始
1964 靴修理用機器と靴修理用材料の自社工場生産開始
1965 「ミスターミニット」を全世界の商標として採用
1967
  • ヨーロッパ各地に「ミスターミニット」の展開開始
  • オーストラリア・ニュージーランドへ進出
1970 新工場をベルギーに開設
1972
  • 日本進出、「株式会社 ミスター・ミニット・ジャパン・リミテッド」として創業
  • ミスターミニット1号店および2号店を三越日本橋店と髙島屋日本橋店に同時オープン
  • 東京都渋谷区に本社を設立

1989 静岡県御殿場市に御殿場配送センターを建設
1998
  • 日本法人の商号を「株式会社 ミニット・ジャパン」に変更
  • 神奈川県川崎市に本社を移転
  • 御殿場配送センター内にナショナル・トレーニング・センターを開設
1999
  • 御殿場配送センター内に靴・バッグの修理専門工房「セントラル・リペア・ショップ」を開設
  • 東京都大田区にナショナル・トレーニング・センターを移設
2001 ファッションキーの販売開始
2002 シンガポールを日本法人の統括とし、アジア全土への進出開始
2003 セントラル・リペア・ショップの靴修理部門をナショナル・トレーニング・センター内へ移設
2006 MBOによりグローバルミニットグループより独立し、「ミニット・アジア・パシフィック株式会社」としてアジア太平洋地域のミニット・グループ(ミニット・カナダ、ミニット・オーストラリア、ミニット・ニュージーランド、ミニット・シンガポール)を100%子会社化し、事業展開開始
2007
  • 東京都台東区浅草に靴修理専門工房「セントラル・リペア・ショップ浅草」を開設(ナショナル・トレーニング・センターより移設)
  • リペアサロン型店舗「Shoe & Bag Repair Salon by MISTER MINIT」を高島屋新宿店に開店
2010
  • 東京都港区にナショナル・トレーニング・センターを移設
  • 東京都台東区にセントラル・リペア・ショップを移設
2011
  • ミニット・カナダ売却
  • 中国・上海に現地法人を設立
  • 靴とバッグのトリートメントサービス(リ・ボーテ)開始
  • 革靴に対して防水、撥水効果を発揮する「撥水ダブル加工サービス」開始
  • 時計電池交換サービスを一部店舗にて開始
2012
  • 2月 佐川急便と協業で靴のオンライン宅配修理「楽リペ」サービス開始
  • 日本上陸40周年(10月31日)
2013 株式会社シー・キュー・エスからリフィッテリア事業(6店舗)を継承、エム・リフィッテリア株式会社設立
2014
  • 3月 靴みがきサービスを開始
  • 6月 東京都港区芝公園に本社を移転
2015
  • スマホ修理サービスを開始、時計電池交換サービスを拡大
  • 12月 青山商事株式会社の完全子会社となる
2017 1月 台東区柳橋に 本社、セントラル・リペア・ショップ浅草、トレーニングセンターを移転・統合