カバンの修理

リュックサック修理の実績多数!修理例と目安料金をご案内

10月になりオフィス通勤する方も増えた印象のある通勤電車ですが、数年前に比べてぐっと増えたのが「ビジネスリュック」での通勤ですよねー。ここ数年はノートPCが重いのでリュックがラク!という声を聞きます。

それに伴い、ミスターミニットのお店でも「リュックも修理できるの?」というご質問が増えています。

もちろん、リュック修理、できます!

リュックに限らずバッグも靴も、修理をする際、多くの場合は傷んだ部分を補強したり、もともとあったパーツを交換したり、見た目が元と少し変わってしまうケースが多いですが、

その"修理跡"が"新しいリュックの個性"として喜んで受け止めてくださるよう、1点1点愛情をこめた作業をいたします!

今回は、増えたリュックサックで壊れがち、修理が多い事例をご紹介していきます。

ミスターミニットのかばん修理取り扱い店舗はこちら → https://www.minit.co.jp/shopsearch/list/gps/?s_bag_maintenance=1

202110_blog_rucksack-01.jpg

一番多いご相談は・・・「肩ベルト」がとれた、外れた

リュック修理で一番多いのがこの「肩ベルト(ショルダーベルト)」に関するものです。

縫い合わせ部分から抜けてしまったり、ベルト自体が切れてしまったり。

縫い合わせ部分から抜けてしまった場合、リュックによっては「ベルトを抜けた場所に入れ込んで縫い直す」ことも可能ですが、おすすめなのは「革をあてて補強をする修理」です。

ノートPCなど重いものを入れることが多い方には、この革を当てることで強度が強まるので、おすすめしています。

「革」は補強のために使用しますが、使い込むほどに味が出る素材なので、永く楽しくお使いいただけると思います。

202110_blog_rucksack-10.jpg

※上記写真は「革あてをした例」です。

  • 修理料金:3,080円から(革あてなし)、6,160円から(革あてあり) ※ 金額は1ヶ所の代金です

「ファスナー」が壊れた、外れた

「ファスナーのトラブル」といってもケースさまざまなので、ケースごとに詳しく紹介します。

簡単なセルフケアの方法もご紹介しますが、ファスナーのトラブルが起こる場合、原因は「パーツの消耗」であることが多く、ご自分で対応できることは応急処置にすぎません。

お早めにお店にお持ちいただきパーツ交換をすることをおすすめします。

務歯(むし=エレメント)が外れた

202110_blog_rucksack-03.jpg

【ご自分で可能な応急処置】コイルファスナー(樹脂製のファスナー) であれば、外れた箇所を縫ってください。

スライダーが抜けた

202110_blog_rucksack-04.jpg

【ご自分で可能な応急処置】抜けた箇所から入れ直すことはできますが、生地(務歯)が傷んでいることが多く、交換修理をしないとまた抜けてしまいます。

スライダーが固い、または緩い・閉じない

202110_blog_rucksack-05.jpg

  • スライダーが固い場合
    • 【ご自分で可能な応急処置】鉛筆やグリースを塗って※改善することがあります。それでもだめな場合は、ファスナーやスライダーに問題があるため交換修理が必要です。
  • スライダーが緩い・閉じない場合
    • 【ご自分で可能な応急処置】スライダーが開いている場合はペンチで閉めれば応急処置となります。

※グリース等を塗る際はスライダー部分のみに塗布ください。革部分等に付着した場合、シミになる可能性があります。

ファスナーの嚙み合わせがずれた

202110_blog_rucksack-06.jpg

【ご自分で可能な応急処置】コイルファスナー(樹脂製のファスナー)は引っ張れば修正可能です。コイルファスナー以外の場合(金属製のファスナーなど)はスライダーの入れ直しをしてください。このトラブルの原因が「摩耗」の場合、交換修理が必要になります。

引き手がとれた

202110_blog_rucksack-07.jpg

【ご自分で可能な応急処置】 ペンチで締められそうなものは締める

ファスナーが生地に噛んだ

202110_blog_rucksack-08.jpg

【ご自分で可能な応急処置】 生地を引っ張る等で取り除けばOKです。生地が取れない場合はスライダーを壊しての交換修理が必要になります。その際、ファスナーの傷みも確認し、傷んでいる場合はファスナー交換を行います。

  • ファスナー交換:修理料金:10,010円から

ホック、バックル、留め具、金具が壊れた、はずれた

リュックに付随したパーツが壊れたりはずれたりした場合、似たような別の金具・パーツに交換して修理いたします。

202110_blog_rucksack-09.jpg

ホック交換

修理料金:3,850円から

※元の金具とは形状が変わります。※ブランドロゴがある場合、ロゴはなくなります。

202110_blog_rucksack-02.jpg

金具交換

修理料金:3,850円から

※元の金具とは形状が変わります。※ブランドロゴがある場合、ロゴはなくなります。

縫い目が破れた、縫い合わせが外れた

縫い目の場所によって、縫い目をそのまま縫い直すこともあれば、縫い目への荷重負担を減らすために革で補強して修理することもあります。

202110_blog_rucksack-12.jpg

縫い修理

修理料金:3,080円から

※縫い糸の色は近いもので修理いたします

以上、リュックサックの修理で依頼の多いものをまとめましたが、他にも幅広く対応可能です。

修理見積りのご相談は無料ですので、ぜひお近くのミスターミニットに修理品をお持ちの上、お越しください。

関連リンク

ミスターミニットのかばん修理 → https://www.minit.co.jp/service/bag_repair/

※納期に関しては、修理箇所や状態により異なります。お近くのミスターミニットにお問い合わせください。

ミスターミニットのかばん修理取り扱い店舗はこちら → https://www.minit.co.jp/shopsearch/list/gps/?s_bag_maintenance=1

一覧に戻る