靴・カバンのお手入れ

防水スプレーを使う"頻度"は?

本格的な梅雨になり、雨の日も多くなってきました。

2018年5月22日の当ブログで「防水スプレー使用のコツ」https://www.minit.co.jp/blog/coloring/001437/
という記事で、防水スプレーの使い方をご紹介しました。

梅雨時期になると「防水スプレー」をご利用いただく方が多くなるからか、
「防水スプレーってどれくらいの頻度でスプレーするのがいいの?」
というご質問をよくいただきます。

その靴をはく頻度や素材によって異なるので明確な正解はありませんが、おおよその目安はあります。

まずは仕事用などに履いている使用頻度の高い靴は「1週間に1回」が目安とお考えください。

防水スプレーは表面にコーティングするものなので、
履いている間の擦れなどによって防水効果は落ちていってしまうためです。

一方で、使用頻度の低い、休日しか履かない靴は、「1ヶ月に1回」が目安とお考えください。

そのため靴それぞれでご使用いただく頻度は異なりますが、例えば靴を磨いたり、ホコリを拭いたりした際に、仕上げとして防水スプレーをご使用いただくのも、お手入れタイミングの目安にできると思います!

5月22日のエントリー「防水スプレー使用のコツ」https://www.minit.co.jp/blog/coloring/001437/

でもご紹介しましたが、防水効果を長持ちさせるポイントは、「定期的に・軽く・満遍なく」スプレーすることです。逆に1度に大量にスプレーしても効果は上がりませんし、革にも悪影響を与える可能性があり効果的ではありません!

そして「完全に乾いてから履く」のが最大のポイントです!

また雨が降り始める前に、ぜひ参考にしていただけるとうれしいです。

201806_protector.jpeg

一覧に戻る