いろいろな修理サービス

お財布の修理・補色もできます!

「お財布の修理は無理でしょ?」

と言われることが多いのですが、
実はお財布も修理・色補修ができます!
ご依頼件数はご想像よりも多く20%近くになる月もあるほどです。

お財布は頑丈にできている場合が多いのですが、年月がたつとやはり色が落ちたり・金具が取れたりするもの。

よく見かけるのが
「ファスナーが壊れた」
「留め具が落ちた」
「縫い目がほどけた」

このような状態のお財布修理は、靴・バッグと同じようにご相談ください!

「全体的にシミなどの汚れや色あせがひどい」

こういった汚れを落としたいというご依頼にもお答えできます!
素材が革ならこれもバッグ・靴と同じように、汚れを落とし、補色したりすることができます。

今回はゴールドの財布をきれいにしてみましょう。

201809_wallet_before2_s.jpg

真ん中あたりはよく手が触れるからか、色落ちが激しいですね。

201809_wallet_before3.jpg

作業前は全体的に色がまばらに剥げてしまっていたり、折り曲げる部分は特にダメージがありました。汚れ落としをした後、補色をしましょう。

お財布で一番汚れているところは、内側の小銭入れです。汚れがたまりやすいところの汚れを落としていきます。

その後で外側の汚れ・シミも丁寧に落とし、半日かけてじっくりオゾン乾燥庫で乾かします。これもバッグ・靴と同じです。

乾燥後は色付け(補色)作業になりますが、今回のゴールドのような色は着色剤には無い色なので、職人がいろいろな色を組み合わせて、オリジナルに近い色を作るんです。ここが職人の腕の見せ所でもあります。

201809_wallet_after3_s.jpg201809_wallet_after2_s.jpg

色が完成したら全体のムラにならないように色付けし、その後乾燥させて完成です。

財布は利用頻度の高いアイテムなので、傷ついたり汚れたり、モノとこすれて色落ちしたりと傷みやすいものです。
もし財布の修理・汚れなどが気になっているようでしたら、ぜひ一度ご相談ください!

本日ご紹介したのは

カバン・バッグ修理と同様にお財布の修理も

一覧に戻る