いろいろな修理サービス

時計のメルカリ出品は「電池交換済み」のアピールを!

3月末からスタートした、ミスターミニットによるメルカリのサポート「メルカリ リペア」
現在、東京都内6店舗で実証実験中です。
フリマアプリ「メルカリ」をご利用の方なら、修理価格が10%OFFとなるお得なサービスの他に、メルカリについてわからないことはなんでも相談できるお店です。もちろん修理や合鍵は今まで通り取り扱っています。

メルカリで売るなら、腕時計は「電池交換済み」、レシート画像でさらに信頼度UP!

このお店で、多くご依頼あるのが
「腕時計をメルカリに出品するので、電池交換をしてほしい」
というご相談です。

なるほどーーー!!!

出品する腕時計を「電池交換済み」にしておくと、安心して購入してもらえますね。

メルカリアプリで腕時計を探してみると、「電池交換済み」といったキーワードをタイトルに入れて出品されている方はたくさんいらっしゃいます。

「でも実際。。。」という不安は買う側からするとありますよね。

その不安を解消するためでしょうか。出品されている人の中には、タイトルに「電池交換済み」と書いた上で、電池交換したお店でのレシートをアップされているのを発見しました!

これはいいアイデア!

いつ、どこで交換したのかがわかりますし、これが出品の画面に出ていると安心感が断然違います!!!

20210626_blog_mercari-1.jpg

靴修理のご依頼もあります。「かかとの修理をお願いします。メルカリで出品したいので」というお客さまは、メルカリ リペアの店舗で修理後に「フォトブース」で修理後の写真を撮ってから出品されていました。

靴の場合は、レシートがなくてもかかとが磨り減っている写真より、かかとが修理された写真のほうが「映え」ますよね!!!

以前、「フリマアプリで買ったものを修理してみた」をこのブログでもご紹介しました。

買う前から修理済みできれいになっているなら、修理済みのほうがイイ! お得感も出るのではないでしょうか。さらにレシートがアップされていたら、丁寧さで好感度UP間違いなしです。

しかし、「腕時計」には出品前に電池交換を強力におすすめしたい理由があるのです!

腕時計は出品する前に電池交換をしておいたほうが、圧倒的によい。その理由とは?

20210626_blog_mercari-2.jpg

さて、電池が切れてから年数が経っている腕時計は、電池交換ができないケースもあるのをご存知でしょうか。

まず多いケースが「電池を入れ替えたけど動かない」場合があります。この場合は、お店で交換する段階で発見できます。

ただ、電池交換を行い、その場では動いても「すぐに電池が切れてしまう」場合や「遅れや止まりが出てしまう」場合もあります。

これは時計内部の状況が悪化しているのが要因で、前者は動かすために電池エネルギーを多く使ってしまうことですぐ電池切れしてしまう。
後者は歯車や機械の潤滑油が劣化してきていることで起こりやすい症状です。

古い腕時計でメンテナンスをしていない場合に起こりがちです。

動いてない時計は「不動品(ジャンク品)」として安く価格設定される傾向がありますが、電池交換で動けば「電池交換済の稼働品」として高く設定できますよね!

購入者も安心して購入できるので、電池交換をしておくのが安心です。

何年も動かしていなかったりメンテナンスをしたことがない場合は、出品前に早めの電池交換や機械のメンテナンスをおすすめします!

20210626_blog_mercari-3.jpg

メルカリ リペア 店舗(都内6店舗)では「交換カード」を

メルカリ リペア」店舗では、時計電池交換するとこのようなカードをお配りすることにしました。

「どこの純正バッテリーで」「いつ交換した」を記載しています。

20210626_blog_mercari-4.jpg

電池交換済みの時計を出品する場合、このカードを一緒に撮影しアップすると安心感がアップ!

腕時計のメルカリ出品を計画している方はぜひご相談ください。

※交換カードは「メルカリ リペア」店舗限定のサービスです。東京都内6店舗で実施中→ 店舗の場所はこちらです。

一覧に戻る