靴みがき

レザースニーカーの汚れ落としはどうする?実践・スタンスミスのスニーカーのお手入れ方法を解説!

ロングセラー、長年愛用している方も多いのがレザースニーカー!

じゃーん!

20190731_blog_sneaker-01.jpg

町でよく見るレザースニーカー、アディダスのスタンスミス です!!

・・・あれ、そのわりに、なんか、ちょっと、、、

20190731_blog_sneaker-02.jpg

20190731_blog_sneaker-03.jpg

20190731_blog_sneaker-04.jpg

なるほど。。
すっごく汚れているのが原因ですね。

レザースニーカーといえば、カジュアルさの中に高級感があって、品格を感じるところが売りなのに、こんなに汚れてしまっては台無しです。


ということで、本日は靴お手入れのプロ、ミスターミニットがレザースニーカーのお手入れ方法についてご紹介いたします!

レザースニーカーの素材はレザーです。(当たり前ですが・・・)
※今回の実践ご紹介は白のつやのあるレザーでのご案内です。一部のスニーカーは合皮・人工皮革・フェイクレザーの場合もあります。合皮・人工皮革の場合はお手入れ方法が異なります。お手入れ前に素材を十分に確認してくださいね!

そう、そのレザーをケアするということは・・・

ツヤに深みがあって、かっこいいシワがあって、履き心地もいい、味のあるオンリーワンのかっこいい靴になり得る!ということなんです。

「あら、あの人、ボロボロのスニーカー履いててズボラそう」と思われるのを回避するだけでなく、自分のためになるなんて、これはもう、お手入れするしかありません!!

20190731_blog_sneaker-05.jpg

では早速、具体的なお手入れ方法を解説します。

簡単にできる順にご紹介しますが、汚れている箇所や気になっている箇所をメインにケアされたい方は、気になったところから試してみてください。

表面的な汚れを落とすには【「汚れ落としムース」を使って、簡単汚れ落とし 】

最初にご紹介するのは、革靴の表面汚れを落とす専用クリーナー「汚れ落としムース」を使ったお手入れです。
この商品は全国のミスターミニットやインターネットで1,300円(税別)で販売されています。

汚れを落とすムースだけあって、これはよく落ちます!(あくまで主観ですが)

深いシワにこびりついた汚れ、革表面にダメージがあっての汚れ、でなければ結構落とせます。


【準備するもの】
・汚れ落としムース
・スニーカーを拭くための柔らかいクロス

【手順1】まず、スニーカー表面にホコリや砂などがついていたら、クロス等で落としておきます。

【手順2】汚れ落としムースの缶をよく振ったあと、ノズルを下にして柔らかいクロスに少量なじませた後、スニーカーの汚れを拭き取ってください。

20190731_blog_sneaker-06.JPG

20190731_blog_sneaker-07.JPG

【手順3】汚れ落としムースを使って、サッと拭くだけでここまで汚れが落とせました!

20190731_blog_sneaker-08.jpg

お手入れの注意ポイント1:汚れ落としを使ってはダメな部分があります!:レザーの切断面には「クリーナー」を使わない

汚れ落としムースなどのクリーナーを使う際に注意したいのが、「レザーの切断面にはクリーナーを使わない」ということです。

切断面ってどこですか???・・・こういった場所です!

20190731_blog_sneaker-09.JPG

切断面にクリーナーを使用すると汚れをより奥に浸透・定着させてしまうからなのです。なので、余計に汚れが目立つようになってしまう可能性すらあります。

では、切断面の汚れはどうしたらいいの?

ですよね、気になりますよね。

その答えは「紙やすり(サンドペーパー)で汚れを削り落とす」、これです。

20190731_blog_sneaker-10.JPG

サンドペーパーの粗さは今回400番を使いましたが、レザーの裁断面の荒さで調整くださいね。(この靴は切りっぱなしで粗いので400番を使いました)

20190731_blog_sneaker-11.JPG

もちろん、革表面を傷つけないようご注意ください! 断面だけにヤスリをかける、です。

そして、ペーパーでお手入れした結果がこちら!

20190731_blog_sneaker-12.jpg

頑固な汚れを落とすには、「メラミンスポンジ」で

次にご紹介するのがさまざまな場所で市販されているメラミンスポンジを使ってのスニーカーの汚れを落としです。

「メラニンスポンジなんて使ったら革にダメージ与えちゃうんじゃないの?」

はい、よい質問です。(一人芝居です)

その通り、メラニンスポンジの研磨力を使って汚れを落とすので、やりすぎると傷つけてしまいます。ということで、革を傷めないお手入れ方法も一緒に解説させていただきます!

【準備するもの】
・メラミンスポンジ


【手順1】メラニンスポンジに少量の水をふくませます。

20190731_blog_sneaker-13.jpg

そのスポンジでスニーカーの汚れをこすります。

このこすり方こそがポイントなのですが、【一方向にこすったら、逆方向にはこすらない!】

20190731_blog_sneaker-14.jpg

イメージするならば、スエード素材のお手入れを想像してみてください。
一方向にブラシを通したあと逆方向にもどすと、毛が逆立ってひっかかるなどして素材にダメージを与えてしまいますよね。

つるつるした革のレザースニーカーに「毛」はありませんが、革のように生きた素材を扱うにはこの丁寧な心持ちが必要です。

ということで、磨いてみた結果、こうなりました!

20190731_blog_sneaker-15.jpg

20190731_blog_sneaker-16.jpg

汚れ落としムースを使っても落としきれなかった汚れが落ちているのがわかります。

特に、靴底のサイド部分に違いが出ますね!

もっとキレイに仕上げるなら・・・ミスターミニットの靴みがきにおまかせ!

汚れ落としムース、メラミンスポンジを使っても、革自体のダメージがひどい場合は、きれいに落とすことができないということもあります。例えば・・・

20190731_blog_sneaker-19.jpg

20190731_blog_sneaker-17.jpg

20190731_blog_sneaker-18.jpg

こういうところですね。


しかし、あきらめないでください!

最終手段は、ミスターミニットでの靴みがきです!

そうなんです! レザースニーカーは「革」なので革靴磨きができてしまうのです。靴磨きは黒い靴だけじゃありませんよー。

ミスターミニットで磨くと・・・

20190731_blog_sneaker-20.jpg

この仕上がり!!

多少の革のダメージはきっちり修復!

20190731_blog_sneaker-21.jpg

20190731_blog_sneaker-22.jpg

20190731_blog_sneaker-23.jpg

この汚れたスニーカーも、ミスターミニットで磨けば・・・

20190731_blog_sneaker-24.jpg

この通り!


そして、気になるお値段は・・・革にダメージがある場合は、3,000円(税別)ですが、靴みがきのメニューは500円(税別)からあるので、ぜひ店頭で相談してみてください!

もちろん、3,000円の靴みがきでも修復できる傷、できない傷があるので、そちらもあわせて確認してみてください。

ということで、レザースニーカーを、履いて、磨いて、履いて、磨いて、を繰り返して・・・

かっこいい自分だけのスニーカー、作っちゃってください!!

【本ブログをお読みになって実践される場合のご注意】

  • レザースニーカーに見える場合も、合皮・人工皮革・フェイクレザーの場合があります。合皮・人工皮革の場合はお手入れ方法が異なります。お手入れ前に素材を十分に確認してください。

一覧に戻る